ロードサービスが充実している自動車保険の特徴

自動車保険はロードサービスの保障内容も考慮する

自動車保険の保険料を代理店経由で加入する場合と通販経由で加入する場合とで比較すると、通販のほうが安いと言われています。あくまで一般的な傾向ですが、その理由は代理店経由で加入する場合は代理店に支払うマージンが発生するからです。これを踏まえたうえで保険料を比較する際に注意が必要なことがロードサービスです。 一口にロードサービスと言っても内容は様々です。例えば、レッカー移動の距離が50キロメートルのところと100キロメートルのところがあるのでこの違いは大きなものになります。このほかに代車も含んでいたり帰宅費用まで保障する会社もあります。ロードサービスが提供される場合は保障内容まできちんと確認することが大切です。

保険料とロードサービスのコストパフォーマンスを考える

例えばロードサービスが充実していてもその分保険料が高いのであればコストパフォーマンスがいいとは言えません。ロードサービスはあくまで付帯サービスであると留意しておくことが大切です。これも一般的な傾向ですが、通販経由のほうがロードサービスは充実して傾向があります。理由は代理店のように対面で保険を販売していないのでそれ以外の部分で保険の魅力を訴える必要があるからからです。 このように説明すると、通販経由で保険に加入したほうが得なような気がしますが、それほど簡単ではない理由があります。それは通販経由で加入するにはある程度の保険の知識が必要なことです。そうした前提があって初めて通販経由で保険に加入する気持ちになれます。そのことを自覚しておくことはとても重要です。