保険料のシミュレーションができる自動車保険

あなたにあった条件を細かく設定しましょう。

最近はインターネットで自分にあった条件を細かく設定することで、金額がシミュレーションできる自動車保険がたくさんあります。
運転するのは本人だけなのか、それとも家族も含むのかなど、補償される運転者の範囲を「個人だけ」「夫婦だけ」「家族だけ」などに限定したり、含める運転者の年齢条件を「30歳以上」などと狭めることによっても保険料が節約になったりする保険もあります。
また、自動車を毎日の通勤で使う場合と、たまにレジャーで使う場合、週末に買い物に使う場合など使用用途や、年間走行距離などにより保険料が違ってくる保険もあります。
他には、運転免許証の色がゴールド免許なら保険料がお得になるなど、保険会社によって様々な条件を細かく設定できるようになっています

事故を起こした場合の補償内容を設定しましょう。

事故を起こした場合の、対人賠償保険金額、対物賠償保険金額、対物事故負担額、人身傷害補償保険金額、搭乗者傷害保険金額などの基本的な補償額を細かく設定することができます。
また、車両保険をつけるかどうかや補償金額だけではなく、車両保険の補償範囲を対車だけに限定したり、自己負担額を1回目の事故のときはいくらに設定するかなど、細かく自分の希望でシミュレーションすることによって保険金額が細かく変わってくるようになっています。
他にも弁護士費用等補償特約や通常の車両保険では補償されない地震や津波などで車両が全損した場合に補償される特約など、実に様々な特約が設けられており、自分が必要なものと不必要なものを考えて選択できるようになっています。